ブログトップ

HEYのSS900な日々

hey1410.exblog.jp

HEYの DUCATI SS900 と 中国茶 な日々

クラッチメンテナンス!

当分放置してたこちらですが、またちょっと復活ですわ。
というか、Mixiに載せきれないものはこちらでフォロって行くってことで〜。





んでんで、クラッチメンテです。

んも〜、どんどんさんには工具からメンテスタンドまで、なにから何まで用意してもらっちゃって、お世話になりっぱなしで、感謝しごくです。
今度ご飯おごります^^;
(今日はご飯のお誘いお断りして、ごめんなさいm(_*_)m

さて、作業の様子です。


b0007680_1712391.jpg まずはおなじみクラッチカバーを開けまして、プレッシャープレートを取り除きます。
 プレッシャープレートに圧入されているセンターロッドは、エンジン側から抜かない方がいいという噂もありますが、そんなことはおかまいなく、スッと抜いてしまいます^^;
 モリブデングロスでグリスアップしてやるのがいいんでしょうが、それもなしです^^;

b0007680_17125577.jpg 続いてクラッチプレートを取り除きます。
 通常のメンテなら、プレートの順番をきちんと押さえておき、戻すときにはその順序通り・・・ということらしいのですが、今回は新品とリプレイスしますので、順番はどうでもよく^^; 適当に外して適当に積んでいきます。

b0007680_1713519.jpg クラッチプレートを全部取り除いた後、いよいよセンタードラムの除去です。
 どんどんさんにクラッチの回転止め用特殊工具&大きなレンチをお借りして、ど真ん中の32mmのナットを緩めます。
 どんどんさんの999は相当固かったらしいのですが、HEYのSS900は意外なほどあっけなくねじが緩み、する〜っと外れました。
 あんまりにもあっけなく外れたので、外してる最中の画像はなし(笑

b0007680_17131562.jpg 外したセンタードラムの画像です。
 ちとばっちいですが、特に洗浄もせず、そのまま付けなおすので、そもそもついてた順番で並べておいときます。

b0007680_17132675.jpg 続いてクラッチバスケットの除去です。
 13mmのボルト8本で止められてます。この8本のボルトが意外と難敵でした。
 ロックタイトというねじ用接着剤が大量に塗られていたらしく、まわすのが困難です。
 外した後にはロックタイトの残骸が^^;
 これをきれいに取り除きます。
 どんどんさんのご指示のもと、ねじ穴に残ったロックタイトの残骸も細い六角レンチで除去。
 ボルト本体についてるロックタイトも、ダイスを使ってきれいにします。
 (ボルトの掃除はどんどんさんにやっていただきました。ほんとありがとです)

b0007680_1713388.jpg バスケットまで取り除けたら、ここからは逆の手順で新しいパーツを組み付けるだけです。
 まずは新しいバスケットを装着。金色が眩しいのですが、組み付け終わると全く見えなくなる・・・悲しいパーツです^^;
 なかなかわかり辛いのですが、バスケットの周辺部のピラーにはかじり低減用?のガード板がリベット留めしてあります。
 先ほど外した8本のボルトにそれぞれロックタイトを塗布。ネジネジしていきます。

b0007680_17135212.jpg これがロックタイト(の袋)
 バスケットに付属してました。
 中身はお弁当のしょうゆ差し程度の大きさ。新しく組み付けるために必要な最小限度の量しか入ってません。

b0007680_1714211.jpg 8本のボルトを締め終わったところで、センタードラムの装着です。
 センタードラムそのものがシャフトになかなか上手くかまず、入れ込むのにちょっと手間取りました。
 それと、32mmのナットをかます下の部分のワッシャにはきちんと噛み合わせがあるとのことで、これもあわせるのにちょっと苦労しました。
 ワッシャの噛み合わせはどんどんさんに教えてもらえなかったら、危うく破壊してるところでした^^;
 先日買ったプロクソンのトルクレンチでぐい〜っと締め込みます。
 意外とあっさりと締め終わり、ほんとにこんなもんでいいの?とちょっと不安になったり^^;
 なんだか、もうちょっと締め足りない気分です(笑

b0007680_17141267.jpg センタードラムが締め終わったら今度はクラッチプレートの設置です。
 プレートキットの説明書に書いてある通りにドライブ/ドリブンを重ねて行きます。
 途中でジャダー防止用のスプリングプレートというのを入れます。
 どんどんさん曰く、STMなどはスプリングプレートがわかりやすいらしいのですが、バーネットのものは全然他のプレートと区別つきません^^;
(唯一の特徴は他のプレートより微妙に薄いという所だけ・・・)

b0007680_171420100.jpg はい。こんな感じで、ちゃっちゃと付けていきます。


 後はプレッシャープレートを装着。
 (これもちゃんと向きがあるんですね〜。どんどんさんに教えてもらえなかったら、これも全然別の付け方するところでした^^;)
 プレッシャースプリングも新しいものに交換します。
 純正より若干長く、レートも強いものです。

 で、後は蓋をして終了♪

 凡そ2時間の作業でした。

 どんどんさん。
ほんと、お休みのところありがとうございました。
助かりました〜。

 インプレはまた次の機会に^^ノ
[PR]
by hey1410 | 2006-11-03 18:00 | SS900